2010年06月07日

青桐グループ

 私が朗読の勉強をさせてもらっている会の先生、岡部政明先生が、他で教えている会の発表会に行ってきました。

 その会はほとんどのかたが素人で、主婦のかたばかりだったんですが、若い方はいらっしゃらなくて、ちょっと年齢を重ねた方々だったんです。

 初めは、素人だからって少しタカをくくっていましたが、主婦だからこそ感じるものや、年齢が熟成させている芳醇な語りには、びっくりしました。

 素人だからではなく、結局朗読が好きなんだなぁと、、、だからこそ、”好きこそ物の上手なれ”なのかなぁと思いました!

 もちろん私だってプロとしてのプライドがあったりしますが、年齢や刷れてないところの人間性とかは、あらためてナチュラルなしゃべりはいいんだって思わせてくれました。

 こういう仕事をしているとどうしても”作らなきゃ行けない”ことがあったりするけど、ナレーションとかは自分でしゃべって下さいというオーダーが結構あるので少々困惑してたんですが、最近やっと解ってきたように思います。

 だから、いろんな朗読を聞いて自分と比較して”あっそうか”と思うことがあればもうけものなんだと思いました!

 この青桐グループも私にあらたなインスピレーションや考えを与えてもらえたのが本当にありがたかったです!

 ちなみに、昼の会で150人ぐらいのお客が聞きに来てました!

素人の朗読で、この人数はお見それします、、、。

 なんかもっと視野を広げないといかんなぁと切々に思いました。
posted by 佐藤ゆうこ at 02:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

楽しくなってきました!

 10月の舞台の通し稽古が先日ありました!
いちょう、汽車にのるまでは”覚えてくること!”とお願いされていて、私の役は台詞がないので、少し安心してましたが、もちろんまるっきり出ていないわけでもなく、意味があって登場しているので、もっと人間関係を深く読み込んで自分の立場や考えをしっかり出さなきゃいかんと思ってしまいました。

 まだまだだから、、、とぬくぬく考えてました。
反省です、、、。

 主役のジョバンニ役の桜ちゃんはもうすっかり、台詞が入っていてみんなをひっぱってってくれました!そのパワーは一緒にやっていて、すごかったです!頼もしいです!

 語りの三浦君もほぼ入っていて、、思わず一日何時間やってるの?って聞いてしまいました。

 基本、ポランの会は語りも本を持ちません。
あの量を全部覚えるとなると、こつこつやらないとだめだよなぁと思い、、ほんとにこつこつやってる三浦君に脱帽です!

 ほかの出演者もみんなじぶんなりに役を作っていて、これからどんな広がりを見せていくのかが、ほんとうに楽しみになりました!

今回はスタッフに徹している、小川さんや彩木さんが、数年前にいっしょにやっていた頃に比べてびっくりするほどしっかりしていて、変な言い方かもしれませんが”成長”って生きている限りずっとしつづけることができるんだなぁと思い感動しました!

 大人になると本人は成長したと思っても、他人からみたら全然解らなかったりと、歩みが遅くなるから、、、。

 それが、他人がみても”人間的にも成長している”のが見えるって凄いことだと思いました!

って、私ごときが言うなんて、、、ほんとおこがましいんですけど、、感心したので書いてしまいました。

リンク集にある、ポランの会のHPに稽古写真がアップされてますので、遊びに行って下さい!


 いま、私がこの会にできることは、、、、早く台詞を覚えようっと!
posted by 佐藤ゆうこ at 03:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

読み合わせ

10月にやる“銀河鉄道の夜”のキャストのほぼ全員の初顔合わせが先日ありました!

キャストだけで17人もいて、始めましての方が多かったので、ドキドキでした。

読み合わせもやったのですが、なかなか面白かったと思いますし、今後がもっと楽しみになりましたので、良いものが出来るんじゃないかと期待できると思いました!

一回しか会ってないのにそう思ってしまうのは、可笑しいかもしれませんが、場に流れていた空気感や雰囲気が良かったのでそう思いました!

まだまだ先の舞台ですが楽しみにしていて下さい!
posted by 佐藤ゆうこ at 15:01| Comment(7) | TrackBack(0) | 朗読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。